失敗を減らすコツ

FXの取引をするときに大きな失敗を減らすコツの一つはエントリーする時点で、決済ポイントを明確にしておくことだと思います。相場が上がりそうだから、もしくは下がりそうだからとりあえずエントリーをしよう、というやり方では、その後の相場の変動に惑わされ、誤った判断で決済をしたり、決済するタイミングを逃して大きな損害を出す可能性が高くなります。エントリー前に決済ポイントを決めておくと、後はその通りの展開になるのかどうかに注目しておくだけなので、判断を誤りにくくなります。

メタトレーダー5完備のPepperStone

rwerew

海外FXの初心者が好んで取引をする業者初心者が好んで取引をする業者の中でも比較的新しい業者が、オーストラリアのメルボルンに本拠地を構えるpepperstoneです。pepperstoneのユニークな特徴は、アカウントタイプによって一般的なFX取引とECN取引の両方を提供していることにあります。

pepperstoneが用意している取引プラットフォームは、現在世界標準のツールとも言えるメタトレーダー4とその最新版であるメタトレーダー5です。それに加えて、iPhoneやiPad、そしてアンドロイドなどのモバイル端末での取引にも対応しています。これらの取引プラットフォームを支える基幹システムの安定性も高いと言われています。しかし実際の取引における注文の際に、若干のタイムラグがあるとの報告もあり、この点は少し気になるところです。

そしてpepperstoneの最大の特徴は、業界最狭水準のスプレッドにあります。米ドル/日本円やユーロ/日本円、ユーロ/英ポンド、ユーロ/米ドル、豪ドル/円、英ポンド/米ドルのスプレッドは0.1ピプスから、英ポンド/円とNZドル/円のスプレッドが0.2ピプスからを誇っています。これらはAAAクラスの大手銀行とのアライアンスで実現されています。そしてそんな低スプレッドの環境で、最大400倍のハイレバレッジ取引ができるのがpepperstoneです。さらにpepperstoneでは、これらの環境を気軽に試すことができるように、無料のデモ口座を用意しています。

おすすめ関連サイト: 逆指値.com

興味が有る人は、一度ためしてみることをおすすめします。そしてpepperstoneは、オーストラリアの証券取引委員会に登録しており、顧客資産も厳しく管理されているので、業者としての信頼性や安全性についても、問題無いといえるでしょう。

メタトレーダー4には、オリジナル開発の板情報付きワンクリックEAが搭載されているほか、日本人スタッフによるサポート体制や、全54通貨に及ぶ取扱い通貨ペア、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行の口座への国内送金対応、ウェブトレーダーに加え、iPhoneやiPad、アンドロイドにそれぞれ用意された専用アプリなど、海外FXブローカーの中でも良い環境が整っているのがpepperstoneなのです。