失敗を減らすコツ

FXの取引をするときに大きな失敗を減らすコツの一つはエントリーする時点で、決済ポイントを明確にしておくことだと思います。相場が上がりそうだから、もしくは下がりそうだからとりあえずエントリーをしよう、というやり方では、その後の相場の変動に惑わされ、誤った判断で決済をしたり、決済するタイミングを逃して大きな損害を出す可能性が高くなります。エントリー前に決済ポイントを決めておくと、後はその通りの展開になるのかどうかに注目しておくだけなので、判断を誤りにくくなります。

FXやバイナリーオプションも立派な投資

世の中には様々な投資があります。お馴染みの株式投資や投資信託、商品先物取引や不動産投資、他にも外貨投資や金投資など、挙げれば切りがありません。もちろん、FXやバイナリーオプションもまた、立派な投資です。特にバイナリーオプションは、ルールがシンプルなので、初めて投資に取り組む人にはお勧めです。

バイナリーオプションというのは、オプション取引の一種です。オプションとは、或る特定の金融商品を特定の日時に特定の値段で売り買いすることのできる権利を売買する取引のことです。少し小難しい話になってしまいましたが、バイナリーオプションでは、特定の日時までに対象となる原資産(株式や通貨)の価格が上がるか下がるかを二者択一で予想するだけですので、実際は何も難しいことはありません。

それでは具体的に、日本円とアメリカドルのバイナリーオプションを例にとって考えてみましょう。今、仮に1ドルが95円だとします。そしてこれから一定時間後、1ドルは95円よりも高くなるのか安くなるのかを投資家は予想します。予想が決まれば業者に投資資金を納めて、エントリーします。もしも投資家の予想が当たれば納めた投資資金は2倍弱になって返ってきます。しかし予想が外れれば、投資資金は全額没収となります。このようにとても分かりやすいルールなので、バイナリーオプションは投資の入門には最適なのです。

wrtwe
XEMarkets(エックスイーマーケット)は、以前よりユーザーに評判の良かったTrading Point(トレーディングポイント)が全面リニューアルして2012年に誕生しました。約定力などそれまでの強みにさらに磨きをかけ、最大888倍のレバレッジや信託保全によって2万ユーロまで口座資金が保証されるなど、さらなるサービス向上が図られています。

XEMarketsでは、グローバルスタンダードなプラットフォームであるMT4やWebTraderをひとつの口座で自由に使用することができ、iPhone専用プラットフォームの完備により、どこにいても取引を行うことができるようになっています。国際的な金融拠点であるキプロスに本拠地を置き、キプロス証券取引委員会の認可を受けてサービスを行っているうえ、口座はイギリスで最大手の銀行バークレイズのものを利用しています。よって、信用面においても優れた業者といえるでしょう。

werwe
24Optionのアクセス環境は場所や機器を選びません。パスワードだけあればネットワーク環境がある場所ならどこでもアクセスできます。昨今普及率が高まっているスマートフォンにおいても同様であり、24Option専用のアプリがあるので、スマホのブラウザからでも利用できます。

海外のバイナリーオプション業者というのはスマホ向けのアプリを遅れて開発しているところが多いのですが、24Optionは来るべき携帯取引の時代に対応するべく、いち早くスマホ向けのアプリを開発していました。
drwer
FX初心者の方や、パソコンでの操作に慣れていないなど、FXの取引手順に自信がない方におすすめな証券会社があります。それは「アイフォレックス (iFOREX)」です。iFOREXとは、FX取引の際の質問やアドバイスを受ける専門のサポートサービを備えた取引業者です。iFOREXを使えば、取引の際の質問についてチャットやメールで問い合わせたり、電話リクエストをすれば担当者へ直接問い合わせをしたりすることができます。さらにご要望に応じて、リアルタイムで専門家の説明を受けながら取引ができるような手厚いサポート体制を利用することもできます。

FX取引のツールの中には、FX上級者でも悩んでしまうような高機能のツールも存在します。例えばダウンロード型のツールで、このツールをダウンロードすることで快適でハイクオリティな取引ができる、というようなものが例として挙げられます。このツールを利用すれば、取引手数料が無料になり、倍率は最大400倍となります。また、一般的な通貨はもちろん、メキシコペソ、イスラエルシュケル、シンガポールドルといった超マイナー通貨まで61種類の通貨ペアを取り扱っているので、たいへんハイスペックなツールです。
dfwere
日本国内でレバレッジ規制が始まって以降、ハイレバレッジを利用した取引をするのは、海外のFXトレードをブローカーを利用する以外にありませんでした。しかし海外FXブローカーは、ハイレバレッジの代わりに、スプレッドが広い傾向があり、このことに悩んでいた人も少なくないでしょう。しかし最近は、だいぶ様相が変わってきました。海外FX業者間の競争が激しさを増すなかで、ハイレバレッジで低スプレッドを提供する業者が出現し始めたのです。その代表が『IronFX』や『FXDD』と言えるでしょう。そしてこのPepperstoneも、比較的新しい業者でありながら、人気を急上昇させています。

オーストラリアの業者であるPepperstoneは、その利点を活かし、豪ドルやNZドルといった通貨の低スプレッドを実現しています。豪ドル/円のスプレッドは0.1pipsからと、低スプレッドを売りにする国内業者にも引けを取りません。Pepperstoneでは、米ドル/円を始めとした他の通貨ペアでも、業界最狭水準のスプレッドを提供しています。

serere
ThinkForexが用意しているシステムの中で最も使い勝手が良いのが「メタトレーダー4」です。メタトレーダー4は世界標準とも言えるFXの取引システムで、自分で自由にカスタマイズすることが可能です。各社が自分の会社でカスタマイズしたメタトレーダー4をユーザー向けに提供していますが、ThinkForexのメタトレーダー4はワンクリックで決済ができる機能があるのが特徴です。これは普通のメタトレーダー4の機能よりも上ですし、EA使用制限もなく、リクオート、取引制限もなくFX取引が簡単に行えます。なお、レバレッジは50倍から500倍の設定が可能です。

アカウントは3つ用意されており、スタンダード、プロ、アルゴという区分けになっています。これらの違いは最低取引単位や最大レバレッジではなく、初回の最低入金額で分かれており、スタンダードは25,000円相当、プロは200,000円相当、アルゴは2,500,000円相当の初回最低入金額となっています。


ところでバイナリーオプションには、業者が定めたペイアウト倍率というものがあります。それは、投資家の予想が当たった時に払い戻される投資資金の倍率のことです。それは業者によって多少の違いがありますので、具体的な率は断定できませんが、およそ1.8倍から1.9倍くらいです。中にはそれ以下やそれ以上の業者もありますが、それは少数派であると考えて間違いありません。

いずれにしても、投資の初心者が最も理解しなければならないポイントとは、「投資とは上手くゆけば儲かるが、上手くゆかなければ損をする」ということです。これをしっかりと完全に理解した人だけが、投資を行うことができるのです。そのポイントを身をもって分からせてくれる最適な投資こそが、バイナリーオプションなのです。

しかもバイナリーオプションを扱っている業者の中には、一回の最低投資資金が数百円の業者もありますので、たとえ失敗して損失を出してしまっても、損失は小額に限定できます。中には百円未満でエントリー可能の業者もありますので、自信の無い人は慣れるに従って投資資金を増やしてゆくと良いでしょう。

投資においては、この「慣れる」ということも大切なことです。実際に投資を行えば分かることですが、投資金額とプレッシャーは比例します。ですからプレッシャーに負けないようにするためには、最初は小額からスタートして、自分自身を徐々に投資に慣らしてゆくのが理想的だと言えます。この点においても、バイナリーオプションは優れた投資商品なのです。

証券会社の口座開設をし、いざ株式投資を始めようと思ってみたけれど、どれを売買していいか分からないという方は多いと思います。

何しろ売買できる銘柄が非常に多く、それぞれの会社の事業内容や業績、将来性等々、チェックする項目も多岐にわたり、またチェックしたからと言ってそれをどう自分なりに分析して買いや売りの判断をするか、となると途方に暮れてしまうことでしょう。また、自分なりに「この会社は伸びる」と結論付けて株式を買ったものの、何らかのスキャンダルが起こって株価は暴落、なんて事故に巻き込まれるかもしれません。

市場のニュースなどを見ているとほぼ必ず取り上げられる日経平均株価というものがあります。これは東証一部上場企業のうち代表格の225社の株価を平均したもので、この値の上下が株式市場の方向性の一端を表しているというものですね。

どの会社が伸びるのか、株価が上がるのかを予想するのは大変難しいことですが、日経平均株価が将来的に上がるか下がるかといった判断なら、ひよっ子の投資家でも出来るかもしれません。なぜなら日経平均株価は個別の会社ごとの騰落の影響を受けにくいため、政治経済についてある程度見聞きしていれば、将来どうなるか予想することが出来るからです。もちろんそれが当たるかどうかはまた別問題ですが、少なくとも膨大な情報の前でどの銘柄を買ったらいいかすら分からず、呆然とする事はないのではないでしょうか。

例えば1か月後に日経平均株価が上がっているかを予想してみなさい、と言われたとします。アメリカやヨーロッパ、中国の経済や政治などについて考え、また日常生活で感じた物価の変動や仕事で仕入れた景気の話等の情報を総合して、「うーん上がるんじゃないかな」なんて想像できるなら、あなたは投資家としての素質があるかもしれません。

日経平均株価自体はあくまで指数であって実態がありませんが、それを先物取引する「日経225先物」というものがあります。ただし日経225先物の売買は1000枚単位からと、かなり大きな取引になりますから初心者が手を出すのはリスクが高すぎます。

実は日経平均株価に連動したETF「日経225連動型上場投資信託」(証券コード1321)というものがあります。ETFというのは証券市場に上場している投資信託のことで、株式と同じように自由に売買できるものです。日経225連動型上場投資信託ならば、売買単位は1枚から。つまり、日経平均株価と同じぐらいの値段で買えるわけですね。しかも投資信託ですので、権利確定日に保有をしていると分配金が貰えます。1枚単位で売買できるので、値動きを見ながら少しずつ買い増したり、細かく利益確定したりといった運用もできます。

どの銘柄を買ったらいいか分からないなら、そういった選択肢もあると覚えておくと良いかもしれません。